*

携帯決済現金化の概要や評判、口コミ

携帯決済現金化の概要や評判、口コミ


いわゆる、スマートフォンやタブレット端末、タブレットPCなどの各種モバイル端末サービスを扱う、各携帯電話会社が扱う携帯キャリア決済サービス枠部分の「現金化」に関しての内容になります。

この場合、あのクレジットカードの現金化などでのクレジット利用可能枠の換金依頼の場合と同じようにも思えるところがありますが、これとは全く異なる性格性の形がある現金化の部類になります。

 参考

携帯決済現金化

クレジットカードの現金化の換金手続きの場合、サービス運営事業者であるカード会社には内緒で換金手続きをしていくような形になりますが、こちらの携帯キャリア決済枠の現金化の場合、これとは全く基本的な現金化のあり方が異なります。

携帯キャリア決済枠の現金化の場合、その利用枠の範囲での換金依頼を換金専門事業者に対して行いますが、その後に現金化した分の支払いはシステム上、携帯電話会社へ換金業者では無くて、換金依頼者本人である自分自身が行うという形になります。

換金後において、現金を本人へ渡した換金業者へ携帯電話会社とのやり取りなどがなされて支払いがされている状態ですので、システム的にもその現金化を完了させたキャリア枠分の金額の返済支払いを、携帯電話会社へ本人が当然の事ながら行う構造になっています。

こちらの現金化での換金依頼の場合、携帯電話会社も承知の上での形になりますので、現金化を完了した本人には同会社側に対しての支払い返済義務が法律上生じます。

 

それでは一体、どのような形で携帯キャリア決済枠での現金化をしていくのか、この事について今から見ていくようにします。

 

この場合、通常の店舗質屋店などでの換金依頼などは出来ない事が多いので、なるだけ、店舗経営とオンライン換金依頼受付の両方とを受け付けている事業形態の換金専門事業者を探し出して選んでいくといった形が、やはりのぞましい感じがします。

 

通常の片田舎街などにある質屋店などでは、やはり現物の形のサービス商品ではありませんので、換金依頼そのものを行っていく事自体が、とても困難である現状があります。

そうした事情から、この携帯キャリア決済枠での現金化依頼の場合はやはり、電話や公式サイト上にある申込みフォーム、メールなどでのオンライン上の換金依頼が出来る事業者を探し出していく事は必須である条件と言えます。

 

そして換金率に関しての話になりますが、正直こちらの携帯キャリア決済枠での現金化の場合には、それ程、換金率自体は高目であるとは言えない現状があります。

携帯電話会社毎のブランドの違い、モバイル端末本体のプランの種類の違い等々、それらにより換金率のあり方自体も変わってきますので、この点を理解をしておく必要があります。


アマゾンでの買い物をドコモケータイ払いで!


アマゾンで買い物をする場合、ドコモ払いができます。私は、日用品をよくアマゾンで購入するのですが、支払方法をドコモ払いでしています。クレジットカードの支払いでも同じように便利だとは思いますが、私はクレジットカードの登録することに抵抗がありました。アマゾンから個人情報が流出してしまうと思っていたわけではなく、普段はスマホで買い物するので自分のスマホにウィルスが入ったらと考えてしまうからです。毎回買い物のたびにクレジットカード情報を入力するのは面倒なのと、スマホで買い物をしているので、私にとってドコモ払いが一番便利なのです。

ドコモ払いを利用する場合、毎月の使用料の上限をスマホから簡単に設定ができます。しかもクレジットカードと違って1000円単位で細かく設定できるので、買い物をしすぎないようにできます。どうしても上限をオーバーして買い物をしたいときは、その場ですぐに上限を上げられます。

ドコモ払いを利用するとdポイントが貯まります。クレジットカードで買い物をしてもポイントが貯まりますが、クレジットカードのポイントをあまり使わないのもドコモ払いを利用している理由です。

アマゾンでドコモ払いを利用する場合は、最初だけちょっとした設定が必要です。設定方法はまず、アカウントサービスから支払い方法の管理を選択します。支払い方法を追加を選択して、携帯決済をタップします。携帯電話会社をドコモで選択し、アカウントタイプに任意のものを選んで次に進むボタンを押します。ドコモの決済画面4桁のパスワードを入力して承諾するボタンを押します。承諾番号が表示されるので、必ず次へのボタンを押してアマゾンサイトへすすみます。そうすると、支払オプションに追加されるので、買い物をするときに支払い方法の選択でドコモ払いができるようになります。

アマゾンで買い物をすると、dポイントのキャンペーンを行っていることもあるので、よりお得に買い物ができるようになります。





コメントする