*

現金化

利用は"かんたん決済"なのに、退会はかんたんじゃない?

ここ最近、ネットでの買い物やサービス利用の際の決済方法が色々と選べるようになってきました。振込、クレジットカード払いに加えて、携帯料金と合算という方法がメジャーになりつつあります。
auユーザーにとってはおなじみ、「auかんたん決済」。
auまとめて支払いというガラケー向けの支払いサービスに加え、スマホが普及しはじめて更に追加されたのがauかんたん決済でした。



今やあらゆるサイトで重宝されるauかんたん決済。しかし、サービス開始当時は携帯に関するサービスの利用料しか払えず、縁がなかった人も多いはずです。
まず、利用料には大まかに2種類の課金方法があります。毎月継続で月額料金を払うタイプと、買いきりでその時だけ利用料を払うタイプ。
サービス開始当時の継続利用タイプには怪しい占いサイトだとかサイトくらいしかなく、興味本意で覗くには高すぎました。買いきりのゲームも遊べる内容に対しての料金が割高に感じられ、手を出しませんでした。
スマホが普及したばかりの頃はまだ、ビジネスマン以外の携帯料金は通話料含めても合計5000円以内が当たり前の時代。
通話料もauかんたん決済利用料も、なるべく節約するのが賢いユーザーとされていました。子どもが操作ミスで高額課金したニュースもよく流れていましたね。
いくらauかんたん決済が便利だとしても、手元に物として残らないサービスへの支払いにはネガティブになる人の方が多かったのです。
しかし、スマホによって通信料定額プランが当たり前となり、携帯を一人一台必ず持つ時代になると、auかんたん決済もその変化に合わせてどの年代もとっつきやすい「普段のお買い物」の決済方法として広く普及していきました。
ここまで聞くと良いことずくめなauかんたん決済ですが、気をつけて利用しないと痛い目を見ることになります。
そう、昔から変わらず存在する「月額課金」コンテンツ。
利用し始めるときはボタン一つ(スマホならタップ一回)で大丈夫なのですが、止めようと思ったときが大変なのです。
まずどこのサイトも、退会メニューがわかりづらい位置にあること。まるで長い契約約款の端の方に書いてある注意書きのように、不親切でわかりづらい操作を強いられます。大体は長いトップページの最下部にあります。
私も退会する際は苦労しました。私の場合はサイトに退会や解約という表示のメニューが何故か無く、それならばとコールセンターに電話したほどです。
その昔、EZ有料情報サービスがポピュラーだった頃はコールセンターで解約もしてくれた為そのノリで電話しましたが、なんとauかんたん決済では対応できないとの回答。
コールセンターのお姉さんはとても丁寧に対応してくれましたが、悪質なサイトに段々とイライラ、うんざりしてきて「まぁ、300円くらいならいいやもう」と諦めたのは苦い思い出です。
しかもサイトによっては、解約月の料金は日割りだったり、たった一日でも月を跨げばしっかり全額請求だったりとまちまちです。
「月を越しちゃったから来月解約するか」と思ってつい忘れて翌月も課金、なんてことも...。きっとこの月額課金被害者は今も昔も変わらず存在しているはずです。
アプリ購入やショッピングサイトでの利用であれば、手間が省けるauかんたん決済。年々、操作は非常にかんたんになってきているのに、月額サービスの退会が昔と変わらず難しいのは腹立たしくも、そしてちょっと懐かしくもあるのです。

ソフトバンクまとめて支払いは便利な決済手段


ソフトバンクまとめて支払いというのはその名の通り、まとめて支払いをするってことです。
ソフトバンクのスマホやパソコンなんかで買ったデジタルコンテンツやショッピング代金、アプリの代金をまとめてソフトバンクの携帯の利用代金の支払いと一緒に決済をするサービスのことですね。
これには利用するのには特別な申し込みは要らないし、もちろん手数料などもかかりません。
使うからといって月額料金などは必要ないのは嬉しいですね。
もちろん加入しているプランによってはそれに応じてパケット通信料がかかる場合がありますのでご注意下さい。
しかしこのまとめて支払いなら、何より大手携帯電話会社であるソフトバンクさんの提供しているサービスなのでそれだけで安心できるし心配する要素がないんです。
このソフトバンクまとめて支払いの利用方法ですが、デジタルコンテンツやアプリケーションの購入の際に支払い方法を選べます。
そこでその中にソフトバンクまとめて支払いがあったらそれを選べば良いのです。
ただ、残念ながらこの便利なまとめて支払いが利用できない場合もあります。
それはあなたが、ソフトバンクからの請求を期限内に支払いせず滞納している、もしくは滞納して利用停止してしまっている場合や、購入額の合計金額が利用限度額を上回る場合、利用制限を設定している場合などとなります。
しかし、それさえなければ非常に簡単に使えますから楽な支払い方法だと思います。
私の場合は、マンガのアプリを無料インストールしていて、そのマンガアプリの課金しているコースの月額料金をソフトバンクまとめて支払いによって支払うようにしています。
この手続きをする時には、クレジットカードの番号入力などといった面倒な事もせずに済みましたし、とても簡単でした。
その為、他の場合にもソフトバンクまとめて支払いが出来るならばそれを選択するようになっています。
わざわざ別にする理由がない限りは、とても便利なサービスで助かりますね。
もしもソフトバンクまとめて支払いだと利用履歴の確認ができないと思うのであれば、My SoftBankから確認が可能です。
My SoftBankの料金、支払い管理のところから入ってまとめて支払いを選択するとそこにご利用履歴がちゃんとあるのです。
私の場合は、あまり細かく毎月確認してはいませんが、ちょっとソフトバンクからの請求で思ったよりもソフトバンクまとめて支払いの額が大きいと思ったら納得する為にたまに確認をしています。
過去半年分が確認できますので安心ですね。

現金化で負の遺産の解決談★


離婚して半年・・・ 我が家にはさまざまな"ゴミ"が溢れていました。ちょっとずつちょっとずつは整理しようとしたものの、なかなか踏み切れなくて。粗大ごみに出そうと思っても、電話するのが億劫だったり、いざ捨てるとなっても「粗大ごみチケットを買わなくちゃ」とか「搬出する日に雨が降っていたら・・・」だとか、面倒くさくなる要素がいっぱいでした。
そんなある日、ポストに「不用品、買取ります」のチラシが入っていることに気づきました。そこで私はひらめきました!「そうだ!買取に出せばすべてのことは解決する!」と。
我が家には元夫が残していった大型の本棚がありました。当然、中にはずいぶん昔の文庫本もたくさん。「自由に処分してもらってかまいません」とは言われたものの、本当に困っていたのですが、、、まずはブック〇フに中身を買取ってもらうことにしました。大きな段ボールをいくつか用意し、元夫の本、CD、DVD、ついでに子どもが読まなくなった絵本など躊躇せずにホイホイと突っ込み、、、便利な宅配買取システムに箱数の申し込みをし、あとは宅配業者が引き取りに来てくれて買取完了!後日、買取金額が入金されました。便利なものです。
続いて、外側の本棚の処分です。こちらは近所のリサイクル屋さんに買取ってもらうことにしました。軽トラできたお兄さん二人が引っ越し業者さながらに二階運び出してくれたので嬉しくなり、「ついでにこれは?」「値段つかなくてもいいからこれもお願い!」といろいろなものを搬出してもらいました。
これら買取業者さんのおかげで、家の中にあった負の遺産はきれいさっぱり!!しかも、私は家から一歩もでずにすべて完了。買取のお金もいただけてお財布も安泰。いいことづくしでした。買取という仕組み、地球にも優しいし本当にすばらしいです!!


ドコモケータイ払いは買い物に便利!お金いらず

私はドコモケータイ払いをよく利用しています。ドコモケータイ払いのいいところは、インターネットで買い物をする時にクレジットカードを持っていなくても次の月の携帯の支払いと合わせることが出来るので、その場でお金の支払いをしなくてもいいところです。

私はインターネットで買い物をすることが多くて手持ちのお金がない時は今まで我慢することがよくありました。しかし、私が買い物をしているサイトがドコモケータイ払いに対応するようになってからは、手数料もかからないのでドコモケータイ払いを利用するようになりました。

また、ドコモケータイ払いにするとdポイントが利用できるところもとてと嬉しいです。dポイントは、毎月の携帯料金などですぐに貯まるのですが使い道がなかなか分からなくて困っていました。しかし、ドコモケータイ払いでもポイントが使えるのでお得に買い物が出来るので嬉しいです。

デメリットはサイトによっては、ドコモケータイ払いが対応していなかったり、ドコモケータイ払いだと手数料がかかったりすることもあるので全てが使えるわけでないところがもっと改善されればいいなと思います。

私は学生でまだクレジットカードを持つことも早いなと思っていて作らなかったのでこういったサービスは若い人達にはとても便利で使いやすいと思います。私の周りの友達も手持ちのお金がないときにはよく利用すると話していて利用する人は多いと思います。

また、使いすぎを防止するために毎月の上限金額を決めることが出来るのもいいところだと思います。上限金額があることでお金をその場で払わないからという理由で買い物のしすぎを防げるので安心出来ます。

また、買い物の時に4ケタのパスワードを入力しないと買い物ができない所もセキュリティの面でとてもいいと思いました。

これからもとても便利なドコモケータイ払いが出来るサイトが増えていけばいいなと思いますし、ドコモケータイ払いで簡単に買い物をしていきたいと思います。


携帯決済現金化の概要


auかんたん決済とは

大手3大キャリアのスマートフォンのユーザーの方は一度は耳にした事があるキャリア決済ですが、携帯電話やスマートフォンの使用料金と一緒に決済出来るサービスです。


携帯決済現金化の評判や口コミ

類似している決済方法としては、クレジットカードが同じような仕組みとなっています。すぐに現金を支払う必要が無く、キャリアと契約している毎月の通話料、通信量と同時にまとめて支払える決済サービスです。上手く活用する事で支払いにかかる手間や時間を節約する事が出来ます。auキャリア決済は、大手キャリアの一つであるauが提供している決済サービスです。近年、利用される方が増加しており、auキャリア決済に対応しているショップも多くなっています。auキャリア決済では、毎月の利用料金に上限が設けられているため過剰に使い過ぎる心配もありません。



また、通信料や通話料金と同様に都度、利用履歴を閲覧する事が出来るため自分がいつ何に使ったか確認する事も出来ます。機能は、クレジットカードとほぼ同じですがセキュリティの面でメリットがあります。決済時には、キャリアで設定した暗証番号を入力するだけで完了となります。クレジットカードの場合、セキュリティコードやカードの番号、氏名といった個人情報を入力する必要かありますが、auキャリア決済では、個人情報の入力は不要です。



セキュリティの面でもauキャリア決済は、安心して利用出来る決済サービスとなっています。現在は、インターネットの通販サイトやデジタルコンテンツ、一部の実店舗でauキャリア決済が利用出来るようになっています。利用出来る店舗やコンテンツも増えてきているためauキャリア決済は、今後も需要が多くなっていくと予測されます。



携帯料金と同じようにまとめて口座から引き落とししてもらえるため振込や代金引換といった面倒な支払い処理も不要です。利用上限がありますが、使い過ぎには気を付けて利用すればとても便利な決済サービスですのでauユーザーの方は、利用を検討すると良いです。


携帯決済現金化の概要や評判、口コミ

携帯決済現金化の概要や評判、口コミ


いわゆる、スマートフォンやタブレット端末、タブレットPCなどの各種モバイル端末サービスを扱う、各携帯電話会社が扱う携帯キャリア決済サービス枠部分の「現金化」に関しての内容になります。

この場合、あのクレジットカードの現金化などでのクレジット利用可能枠の換金依頼の場合と同じようにも思えるところがありますが、これとは全く異なる性格性の形がある現金化の部類になります。

 参考

携帯決済現金化

クレジットカードの現金化の換金手続きの場合、サービス運営事業者であるカード会社には内緒で換金手続きをしていくような形になりますが、こちらの携帯キャリア決済枠の現金化の場合、これとは全く基本的な現金化のあり方が異なります。

携帯キャリア決済枠の現金化の場合、その利用枠の範囲での換金依頼を換金専門事業者に対して行いますが、その後に現金化した分の支払いはシステム上、携帯電話会社へ換金業者では無くて、換金依頼者本人である自分自身が行うという形になります。

換金後において、現金を本人へ渡した換金業者へ携帯電話会社とのやり取りなどがなされて支払いがされている状態ですので、システム的にもその現金化を完了させたキャリア枠分の金額の返済支払いを、携帯電話会社へ本人が当然の事ながら行う構造になっています。

こちらの現金化での換金依頼の場合、携帯電話会社も承知の上での形になりますので、現金化を完了した本人には同会社側に対しての支払い返済義務が法律上生じます。

 

それでは一体、どのような形で携帯キャリア決済枠での現金化をしていくのか、この事について今から見ていくようにします。

 

この場合、通常の店舗質屋店などでの換金依頼などは出来ない事が多いので、なるだけ、店舗経営とオンライン換金依頼受付の両方とを受け付けている事業形態の換金専門事業者を探し出して選んでいくといった形が、やはりのぞましい感じがします。

 

通常の片田舎街などにある質屋店などでは、やはり現物の形のサービス商品ではありませんので、換金依頼そのものを行っていく事自体が、とても困難である現状があります。

そうした事情から、この携帯キャリア決済枠での現金化依頼の場合はやはり、電話や公式サイト上にある申込みフォーム、メールなどでのオンライン上の換金依頼が出来る事業者を探し出していく事は必須である条件と言えます。

 

そして換金率に関しての話になりますが、正直こちらの携帯キャリア決済枠での現金化の場合には、それ程、換金率自体は高目であるとは言えない現状があります。

携帯電話会社毎のブランドの違い、モバイル端末本体のプランの種類の違い等々、それらにより換金率のあり方自体も変わってきますので、この点を理解をしておく必要があります。


アマゾンでの買い物をドコモケータイ払いで!


アマゾンで買い物をする場合、ドコモ払いができます。私は、日用品をよくアマゾンで購入するのですが、支払方法をドコモ払いでしています。クレジットカードの支払いでも同じように便利だとは思いますが、私はクレジットカードの登録することに抵抗がありました。アマゾンから個人情報が流出してしまうと思っていたわけではなく、普段はスマホで買い物するので自分のスマホにウィルスが入ったらと考えてしまうからです。毎回買い物のたびにクレジットカード情報を入力するのは面倒なのと、スマホで買い物をしているので、私にとってドコモ払いが一番便利なのです。

ドコモ払いを利用する場合、毎月の使用料の上限をスマホから簡単に設定ができます。しかもクレジットカードと違って1000円単位で細かく設定できるので、買い物をしすぎないようにできます。どうしても上限をオーバーして買い物をしたいときは、その場ですぐに上限を上げられます。

ドコモ払いを利用するとdポイントが貯まります。クレジットカードで買い物をしてもポイントが貯まりますが、クレジットカードのポイントをあまり使わないのもドコモ払いを利用している理由です。

アマゾンでドコモ払いを利用する場合は、最初だけちょっとした設定が必要です。設定方法はまず、アカウントサービスから支払い方法の管理を選択します。支払い方法を追加を選択して、携帯決済をタップします。携帯電話会社をドコモで選択し、アカウントタイプに任意のものを選んで次に進むボタンを押します。ドコモの決済画面4桁のパスワードを入力して承諾するボタンを押します。承諾番号が表示されるので、必ず次へのボタンを押してアマゾンサイトへすすみます。そうすると、支払オプションに追加されるので、買い物をするときに支払い方法の選択でドコモ払いができるようになります。

アマゾンで買い物をすると、dポイントのキャンペーンを行っていることもあるので、よりお得に買い物ができるようになります。




借金をしていることがばれにくい方法

お金に困って消費者金融でお金を借りた場合、返済が滞ったら消費者金融から督促が来て、借金をしているのがばれてしまう恐れがあります。

借金があるということがわかると、信用情報にも傷がつき、新しくクレジットカードを作ろうと思っても、審査にパスできないといった状況が生まれてくる可能性は大いにあります。

そこで、誰もが一枚は持っていると思われるクレジットカードを上手に使うことが、お金のピンチを乗り切る方法であることを知っておくと、随分助かります。

クレジットカードでお金のピンチを乗り切るというと、通常はキャッシング枠を使ってお金を借り、返済していく方法が思い浮かびますが、キャッシング枠の返済利息よりも安い利息分の額でお金を用立てることができるのが、ショッピング枠を使う方法です。

高い還元比率で買い取ってくれる商品を買うことにより、その商品を買い取ってもらって、お金を渡してくれる方法を採ることができます。

これが、いわゆるクレジットカード現金化です。

支払いは通常のショッピングの支払いと同様になりますし、買い物の情報もどこの会社で買ったのかなど、怪しいと思われる情報の掲載は一切されませんので、周りに知られずにお金を用立てたい人には最適です。

 

ネオギフトの口コミはこちら