*

2017年5月

返済しないと恐ろしい目にあう

初めてのキャッシングなら、どこが信頼できるのか気になるものです。

 

モビットやノーローンなどの銀行系はATMの横に広告があったりで、結構見かけるはずです。

 

また、老舗消費者金融のアコムやプロミスなどがよく知られています。

 

大手というと豊かな経済力が背景にありますが、利用者へのアピールポイントはズバリ、利率が低いことでしょう。

 

無計画な借入さえしなければ、こういった金利負担の少なさの恩恵を受けて月々の返済額が減り、延滞を起こしにくいというのも事実です。

 

以前、旅行をしていてある地方に伺った時のことです。

 

夜分にコンビニへお金を引き出す目的で行ったのですが自分が使用している地銀のキャッシュカードを夜間に使用することができませんでした。

 

けれど、なにがなんでもお金が必要でしたのでセディナのクレジットカードでお金を融資してもらいました。

 

どうしていいか迷っていたのでかなり助けられました。

 

消費者金融は以前よりも身近なものとなりましたが、その実体は同じです。

 

消費者金融は高利貸しであり、返すことができないと痛い目をみるのは以前と変わらないのです。

 

あまり考えも無しにお金を借りるのはやめましょう。

 

借金するなら、「返済しないと恐ろしい目にあう」ことを忘れずに使うようにしましょう。

そばかす消すクリーム


知識として持っておきたい

キャッシングの審査で残念ながらダメだったという人でも審査をもう一度してくれるというシステムがあるのです。

 

このようなシステムを使うことにより一度くらい審査に落ちても再審査してくれて借入のチャンスが増加するので、喜んでいる人が多いようです。

 

虚偽の報告をしてカードローンの申し込みをしたとすると、私文書偽造として刑事罰を受けるおそれがあります。

 

もっとも、嘘を書いたとしても審査中に判明して落とされるだけでしょう。

 

会社としては実害発生前なので、通報することはなさそうですが、かならずしも通報されないとは限りませんし、プロ相手に虚偽が通ることはありえないと考えたほうが妥当でしょう。

 

万が一、審査をくぐり抜けたとしても、完済までにバレる恐怖が続く上、バレたら一括返済を迫られる(当然です)といった大きなデメリットがあります。

 

クレジットカードには「ショッピング枠」、「キャッシング枠」、「利用限度額」の3つの枠が存在するようです。

 

利用が可能な金額の上限以内に「ショッピング枠」と「キャッシング枠」もあるようですが、私はショッピング時にしか利用した経験がありません。

 

借入はどうすれば使用することができるのでしょうか。

 

必要となった時のために知識として持っておきたいです。

ラヴォーグ体験